日本語 |吉元鑑織の姓名判断

回り回って最後に訪れるのが同格と同数を用いる吉元式 線優です。      


 
吉元鑑織の鑑定・改名の例題集  2012年10月5日更新

 姓名の中の同格同数による判断 カバラ運命数からの判断年齢ごとに分けて【初年・中年・晩年】の判断方法は
 吉元式線優が極める姓名判断の独自の鑑定方法です。

 姓名判断での19画や9画また28画、20画、22画

姓名判断 画数

 
 

<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成 

  スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究
     所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。
     
     授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。
     山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化
     する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。
     
     拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。
     最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。
     

  吉元鑑織の観点

    ノーベル賞は19画の吉面と斜め同格の影響しかし家族的には縁が薄い形

    
    
天才や秀才 また家庭を大切にする人 両者は考え方も違い歩いてきた人生の結果も大きく違います。
    家庭 仕事 どちらに比重を置くかで家庭的な人 仕事人間と変わりますね。
    
    

    今回のノーベル賞を受賞した山中伸弥教授は家庭的な運が19画となっています。

    その他の画数を確認してみても初年期・中年期・晩年期と全ての年齢層に19画が存在し晩年期では
    斜め同格になっています。
    
    ◇19画とは
    才知があり、事業や仕事に天才的な才能を発揮する。

    一方で、思いがけない障害が次々に起こり、発展が中断されることも多い運勢です。
    家庭や財産には縁の薄い人が多く、孤独や波乱の多い人生を送りがちです。
    途中で行き詰まりを感じることも多いでしょう。短気を鎮め、計画性を持って事にあた
    るよう心がけることが大切です

    
    それぞれの画数の意味の紹介

    斜めの同格同数
    
    お名前を確認すると19画がとても多くその画数の意味に支配されています、特殊な研究につき持って
    生まれた運勢が強い場合、事業や仕事に天才的な才能を発揮し仕事面では成功します。
    幾度となく挫折をあじわったのもこの障害数19画が物語っています。

    19画に斜め同格がある限り山中伸弥教授の精神状態はいつも緊張し円満な家庭家族とは縁が薄く
    常に孤独な心をもち障害との戦いが多い事と判断します。







▲ページトップ